デリケートゾーンにもできる水虫の元とは

水虫の元となるのは白癬菌(はくせんきん)で、この白癬菌が住み着いてしまうことで生じます。
菌とはいっても実態はカビで、角質のケラチンを食べて繁殖します。
つまり、水虫になってしまったということは、その部分にカビがつき、それが広がっていると考えられるのです。
ケラチンというのはいたるところにある成分なので、皮膚ならどこでも水虫が発生する危険があるということを念頭に置いておきましょう。
ですが、白癬菌がついたからといって絶対に水虫を発症するのかというとそうではありません。
高温で湿度が高いといった白癬菌が好む環境になった場合に症状が現れることになります。
このことから考えると当然ですが、「水虫に触ると感染する」という説がありますが、触ってしまった場合は石鹸でしっかり洗い流すようにすれば、感染の危険性はありません。
日本には高温多湿の地域が多くありますが、このことも日本人が水虫になりやすい原因と考えられます。
暑い日など足が蒸れる季節には、できるだけ足の風通しが良くなるように対処しましょう。
靴下を身につけさらに通気性が良くない靴を長時間使用していると、靴の中に湿気がこもってしまうので、サンダルなどのほうが良いでしょう。
冬の間も、通気性が悪いブーツなどを履くことがありますから、足の清潔さを保つように工夫してみましょう。
一緒に住んでいる人から感染することもあるので、家族の中で水虫の人がいるとすれば、気をつけなければいけません。

どうしても治らない水虫は恥ずかしがらずに皮膚科を受診!

水虫と聞くと良いイメージではありませんから、周囲の人たちに話すことができず自分だけで悩むことがあるかもしれません。
一緒に住んでいる家族がいるときは、家族には伝えるようにして、皆が感染しないように防ぐように努力することが大事です。
少しでも早い時期に治療を実施するのが良いですが、様々な理由で治療を開始しない人もいるようです。
よく耳にする理由は、「死ぬような深刻な病気とは言えないから」ということですが、症状が進んでかゆみや痛みとなれば精神的にも大きなストレスとなってしまいます。
可能であれば皮膚科を訪れ診てもらい、ぴったりの薬を処方してもらうことで、早くに治るでしょう。
けれども完治したとしても、数日もしくは数週間経つとまた水虫の症状が出てくるケースも多くあることを把握しておきましょう。
この主な理由として挙げられるのが、治療を途中でやめてしまったことにあるので、水虫の治療には長い期間が必要であると考えておきましょう。
ぱっと見はきれいになっていたとしても、原因菌は全滅したわけではなく、活動が抑えられている状態なのです。
その状態で完治したものと思って治療をやめると、しばらくすると菌の動きが活発になり、また発生してしまいます。
薬を継続すれば、一ヶ月もするとかなり良くなりますが、続けて三ヶ月は使用が必要です。
一回でも水虫にかかってしまった人は、繰り返し水虫の症状が現れる危険性がありますので、普段の生活から水虫を予防するように心がけましょう。